糖尿病性腎症

糖尿病性はいろいろな病気を更に引き起こす、危険なものです。
糖尿病性腎症と呼ばれる腎臓の病気もその一つです。
腎不全になってしまい、人工透析を導入しなければならない患者は毎年、増え続けています。
どうしてこのような病気に進行してしまう人が多いのでしょうか?
それは高齢化に伴って、生活習慣病でもある高血圧症の方が増え、または動脈硬化が長引き、その結果、腎不全になってしまうのです。

糖尿病の初期は症状がありません。
ですから、健康診断で見つかるまでわからない場合が多くあります。
このように無症状でありながら20年も高血糖の状態がもし続いたとしたら、やがて血管に障害が出来、動脈硬化になります。
手や足がしびれ、神経障害も引き起こします。
そして、腎臓の機能が正常にいかず、貧血の症状などが現れるようになります。
そもそも腎臓は体から出た不要物、老廃物ろ過する機能があります。
その役目をする糸球体が、常に高血糖状態にあると、どんどん硬化して本来の機能が低下してしまうのです。

治療のため、人工透析を始めますと自分の腎臓は殆ど動かなくなり、その後、一生ずっと透析しなければならないことになります。
ですから腎臓を大切に使っていくことをもっとみなさん考えて行くべきでしょう。
このような糖尿病が引き起こす病気は食事療法で改善しますから、病気を早期に発見して、毎日の食事に気をつけていきましょう。

糖尿病で引き起こされる腎不全の食事は、当初はタンパク質を制限されることもあります。
またその後、悪化したケースではカリウムやナトリウム、リン水分なども制限されます。
そして食事で補えきれない、ミネラルやビタミン類は薬を飲むこともあります。


MRPダイエットドルチェは甘くておいしい


「豆乳バナナ」の作り方と飲み方


ボクシングダイエットの効果


コンタクトレンズの誕生と歴史

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年11月17日 08:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「糖尿病:症状 その2」です。

次のブログ記事は「糖尿病のお勧めレシピ「肉料理とスープ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。