糖尿病:国民的な生活習慣病

糖尿病という病気は、そうなっていてもすぐに症状として現れません。
日常における生活習慣や、食事が乱れてくると、結果として全身の血管に悪い影響を及ぼしてきます。
糖尿病に近づいてしまっても、自覚症状がないため、血糖値が徐々に上がり、自分でもわからないうちに糖尿病の予備軍になっている可能性があります。

では、日本ではどれくらいの人がそうなのでしょうか?
厚生労働省が行った調査では、わが国の成人、およそ6人あたり1人がすでに糖尿病であるか、または予備軍だと言うデータがあります。
どうでしょうか?6人に1人は、とても多いですよね?
普段から血糖値が高く、尚、良くない生活習慣を送っている人は、検査だけでもまめに受けに行くことをお勧めします。
初期の段階では食事療法や運動療法だけで大丈夫ですから、薬物療法になる前にご自分の体の状態をチェックするべきなのです。

日本全国で糖尿病を患っている成人の数は、糖尿病予備軍を含めおよそ2200万人以上もいるということが2007年、厚生労働省から発表されました。
これは厚生労働省が行っている「国民健康栄養調査」の結果です。
この結果でもおわかりのように糖尿病は今では国民的な生活習慣病になっています。

ですが、一方、糖尿病に関する一般の方の認識は低く、あまり関心がない人も多いです。
食事の方法や生活習慣の改善で糖尿病の予備軍から、抜け出せることを知らずに、そのまま乱れた食生活を続けている人が多いということです。
症状が出ないため、そのまま放置している人が多いことも心配です。
健康診断、検診はとても大切ですから、自覚がない人も検査結果で糖尿病と診断されれば、少しは食事にも気をつけるようになるでしょう。
是非、健康診断は欠かさずに受けて下さい。


不眠症対策には足ツボマッサージ

国立病院ダイエット(肥満解消)は大変危険


矯正歯科医院の選び方のコツ


発毛・育毛とコラーゲン

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年11月13日 08:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「糖尿病:外食メニューを選択する その2」です。

次のブログ記事は「糖尿病とはなにか:インスリンとの関係」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。