糖尿病の運動療法:運動メニュー

糖尿病と診断されてしまったら、食事療法のほかにも運動療法も合わせてすることで、より症状の改善に繋がります。
糖尿病の患者さんは病院から食事療法、運動療法、症状が深刻な場合や薬物療法を指示されます。
その運動も患者さんの症状の程度によって違ってくるので、自分なりの運動メニューを作ることになります。

ですから一人一人の運動メニューは若干違ってきますが、基本的には下記のようなことに気をつけると良いでしょう。

まず、運動メニューは自分1人で出来る運動を選ぶこと。
毎日、同じ回数続けること。
場所、天候を選ばず、いつでも、どの場所でも可能な運動であること。
毎日続けることが望ましいのですが、無理であったなら、隔日に必ずするようにします。

そして、準備体操と整理体操を必ずすること。
運動療法としてのエクササイズは1日で30分ほどにしましょう。
それらは朝と晩に分けて運動してもかまいません。
急にスピードアップなど無理なことはせず、ゆっくりとだんだんにスピードを上げていきましょう。
反対に、終わる時は、ゆっくりスローダウンさせていきます。

もし、ウォーキングをメニューに入れる場合には、1回のウォーキングを15分から20分の目安で歩きましょう。
万歩計をつけて1日1万歩を目指すのも良いでしょう。

あまりきついことばかりをメニューに入れることはやめましょう。
運動後、疲労がかなり残って、ぐったりするようでは、体に無理がかかります。
食事の後はすぐ動かず、1~2時間後に開始することで、食後の血糖値が上がることを抑えられます。


介護・福祉ガイダンス...介護福祉士や介護保険など
介護・福祉ガイダンスは、介護福祉士、介護保険など介護・福祉のすべての情報を発信します。


簡単ダイエットレシピあれこれ...貴方もこれでスリムになれる
今流行の簡単ダイエットレシピ...とってもヘルシーな料理のレシピのあれこれを紹介します!


口臭全科...予防・原因・治療・対策など口臭のすべて
口臭全科は、口臭についての予防・原因・治療・対策など口臭のすべてについての情報を提供します。


骨盤矯正ガイダンス...骨盤のゆがみサヨナラ!
骨盤のゆがみを正す骨盤矯正についての様々なガイダンスです。

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年11月10日 08:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「食事療法:カロリー計算をしましょう」です。

次のブログ記事は「糖尿病:外食メニューを選択する その1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。