糖尿病の治療:家族の協力が必要

糖尿病を改善するためには、食事療法がとても重要とされていますが、そのためにはご家族の協力が必要となります。
まず、糖尿病と診断されたら患者さんと一緒に病院へ行き、病気について病院側から話を聞きます。
こうしたことで糖尿病についての理解が深まります。
何かわからないことがあれば患者さんと一緒に質問して確認します。
説明や注意点を聞くことを患者さん1人に任せないようにしましょう。

毎日の糖尿病の食事の支度をする担当は、患者本人であったり、あるいはご家族であるわけですから、食事の注意点を明確に把握しておくことが大切です。
また自治体や病院で行われている「糖尿病教室」に、家族で参加してみてはいかがでしょう。
普段の生活の仕方や、食事の注意点、また糖尿食の作り方など、様々な情報を得ることが出来ます。
患者さんだけでなく、是非、ご家族の方もご一緒に参加してみると良いでしょう。

また、低血糖の症状が出た際など、普段から近くにいるご家族が支え、助けてあげられるように、対処法も知っておくべきです。
それに、糖尿病の患者さん、同じ暮らしをしていたご家族も同じ食事をしていたわけですから、今後、ご家族の方も糖尿病になる可能性があります。
家族全員で患者さんと同じ糖尿病の食事をすることで、食生活を見直す良い機会ではないでしょうか。

また糖尿病は、ストレスも関係あると言われています。
仕事を持っている患者さんの場合は家庭ではリラックスできるようにご家族が協力してあげて欲しいと思います。
他の病気もそうですが、糖尿病も患者本人と家族の支えがあって改善される病気なのですから。


脚痩せダイエットとバスタイム


骨盤矯正ストレッチのやり方と効果


コアリズムの効果


フケ(ふけ)症の対策 頭を触らない2


このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年11月25日 08:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「糖尿病に食物繊維は効果大」です。

次のブログ記事は「糖尿病の人は骨がもろくなる その1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。