糖尿病の食事:バランス良くとる工夫

糖尿病の食事を考えるときに重要なポイントとなってくることは、栄養を取りすぎてもダメで、少なすぎてもダメ、とにかくバランス良くとることなのです。
それによって食後に急な血糖値上昇を防ぐことが出来ます。

治療のため、血糖値を下げるためには、通常の健康的な生活、食事が基本です。
ですから、特に糖尿病だから!と言って難しく考え込むことも良くありません。
インターネット上や出版されている本でも、糖尿病食レシピは沢山紹介されていますから、簡単なメニューから始めて少しずつレパートリーを増やして行けば良いと思います。
全部の食事を糖尿病食にすることも最初は大変でしょうから、夕食だけは糖尿食の宅配サービスを頼んでみるなど工夫をし、上手に長く食事療法を続けて行きましょう。

とにかくレシピでしたらインターネット上で沢山、紹介されています。
「糖尿食」「レシピ」などの言葉で検索してみると良いです。
多くの人が、ホームページやブログで自ら工夫をした、いろいろな糖尿病食レシピを掲載しています。
自分だけで考えると食材も献立も限られてしまいがちですから、是非活用してみて下さい。

では、みなさん、どのように糖尿病食レシピを工夫されているのでしょうか?
それは食事自体を楽しんでもらうために、見た目の工夫も大切なようです。
例えば、食事は一皿だけでなく、いろいろな献立をそれぞれ小皿に少量ずつあったのなら、目先も変わり満足の行く食事になると思います。
摂取カロリーが同じでも、いろいろなメニューを少しずつ食べることが出来きたら栄養のバランスも良いでしょう。

また糖尿病の人だけではなく健康な人やダイエット中の人も、糖尿病食料理はヘルシーだと注目されているようです。
味も塩分を取り過ぎないように、かつ、美味しくなるよう工夫が凝らされた様々なレシピがありますから、是非、ご家族みなさまでお召し上がり下さい。


自分でやる水虫の対処方法


アイメイクで一重まぶたはクールな美人系に仕上げる...


電子カルテは医療事務を軽減する?


日焼け止めにはメンソレータム・スキンケアUV...


冷え性が引き起こす病気(2)...腰痛、肩こりなど...

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年11月22日 08:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「糖尿病の食事は塩分に注意」です。

次のブログ記事は「糖尿病改善のポイント:腸内環境」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。