糖尿病は世界的な病気:世界糖尿病DAY

糖尿病は世界的な病気です。
2006年に国連総議会は「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を可決しました。
また、「世界糖尿病DAY」が11月14日と決まりました。
11月14日というのは糖尿病には欠かせない物質、インスリン、これを発見した「フレデリック・バンティング」という方の誕生日です。

世界糖尿病DAYになると、世界各国でイベントが開催されます。
糖尿病を広く知ってもらう為の活動が主となっています。
例えば、食事療法や、運動治療など、または糖尿病にならないための予防策を広めるキャンペーンなどです。
日本でも数年前には、通天閣、東京タワーが青色でライトアップされました。
またメディアにも世界糖尿病DAYについて、数多く取り上げられていました。

糖尿病で死亡してしまう日本人は、一年に一万人近くいるというデータがあります。
ですが実際に治療を受けている患者はその15パーセントに過ぎないというデータもあります。
そして、糖尿病の合併症を発症しての死亡者は、地球規模で考えるとなんと10秒に1人という計算になるのです。

糖尿病と聞くと、なんとなく贅沢な病気だと思っている人も多いでしょう。
豊かな食べ物が沢山あるから、糖尿病になってしまうイメージがあるでしょう。
ですが、意外と発展途上国の方が糖尿病がとても進んでいます。

それはなぜかと言うと、食事に脂肪分、塩分が多過ぎたり、また糖尿病を治療できない環境にあることなのです。
困難な暮らしで食事に困ったりする人たちは、糖尿病になったとしても、私たちのように毎日の食事を選べません。
また、インスリン、糖尿病の治療費が高く病院に行けない患者もいると言われています。

世界中で健康的な食事が出来きるようになり、糖尿病患者が減ることを目的として、今後も世界糖尿病DAYには様々な活動が期待されています。

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年11月28日 08:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「糖尿病の人は骨がもろくなる その2」です。

次のブログ記事は「糖尿病:ペットボトル症候群 その1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。