2009年11月アーカイブ

糖尿病:ペットボトル症候群 その2

「ペットボトル症候群」は、糖分の多いペットボトル入り清涼飲料水を摂取しすぎてしまい、糖尿病性ケトアシドーシスになることを言います。
糖尿病の中でも、症状がひどい場合、こうしたことで糖尿病性ケトアシドーシスを発症してしまいます。
このケースはインスリンの作用が悪くなり、食事に含まれ摂取したブドウ糖が分解し取り込めなくなります。
そのため、脂肪、筋肉などからエネルギーを取ってしまいます。
すると、「ケトン体」という物質が体内に出来て、血中は酸性状態になります。
血液というものは、健康なとき中性です。
それが酸性に変わるのですから、体調不良になり、深刻な症状の場合は意識がなくなるという怖いものです。

一方、糖尿病は尿の量が増えます。
それが、悪化し排出する量が極端に増えると体は脱水症状になるケースがあります。
最悪の場合は昏睡状態になる可能性も秘めています。
これは糖尿病性昏睡と言います。
とても怖いですよね。

わかりやすく言いますと、「ペットボトル症候群」は糖分が沢山含まれている清涼飲料水を持ち運びに便利という理由で、いつも携帯しては、飲み続け、結果、過剰に摂取しすぎてしまうことです。
このことから、高血糖になり、やがて糖尿病となります。
ご存知の方も多いでしょうが、糖尿病は喉が渇く病気と言われています。
それが悪循環となり、喉が渇いたときに糖分の多いペットボトル入り飲料を飲んでしまい、さらに血糖値を高くしてしまう病気です。
それが「糖尿病性ケトアシドーシス」なのです。

糖尿病は、正しい食事と運動で回復に向かいますが、食事の際の飲み物にも油断してはいけません。
水分補給に飲む飲み物はお茶、麦茶、ミネラルウォーターなど、カロリーの低いものにするよう選ぶ時から気をつけて下さい。

糖尿病:ペットボトル症候群 その1

近年、聞かれるようになった言葉で、「ペットボトル症候群」という言葉があります。
これは糖尿病にとても深く関係した言葉です。
みなさん、ご存知でしょうか?

手軽なペットボトルはとても身近な存在ですよね。
ご家庭でも外出先でも常に身近にあるものです。
今では、コンビニエンスストアでも自動販売機でも一日中どこでも購入できます。
コーヒー、炭酸飲料、ジュース、お茶、お水、ほとんどの飲み物がこのペットボトルに入っています。

では、この手軽なペットボトルが糖尿病とどんな繋がりがあるのでしょうか?

清涼飲料水は缶、ビンに入ったものより、ペットボトルに入ったものが持ち運ぶ時に便利です。
また、食事の際に一緒に頂くために、適した量でもありますから、子供からお年寄りまで食事のお供にする方も多く、幅広く人気があります。

そういえば、昔はコーラ、サイダーなど細長い缶に入っていましたよね。
容量も200mlくらいでした。
では現在はどれくらいの量が主流でしょうか?
それは500ml入ったペットボトルではないでしょうか?
売られている物も、持ち歩いている人のボトルを見ても、500mlが一番多いのではないかと思います。
普段、あまり気にしていない方も多いでしょうが、これって一回で飲んでしまう量としては多いと思いませんか?

「ペットボトル症候群」とは、糖分が含まれた容量大きめのペットボトル入り清涼飲料水を、飲み過ぎてしまうことなのです。
その結果、糖尿病性ケトアシドーシスという病気になってしまいます。
糖尿病の中でも、症状がひどい場合、糖尿病性ケトアシドーシスを発症してしまいます。

糖尿病は世界的な病気:世界糖尿病DAY

糖尿病は世界的な病気です。
2006年に国連総議会は「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を可決しました。
また、「世界糖尿病DAY」が11月14日と決まりました。
11月14日というのは糖尿病には欠かせない物質、インスリン、これを発見した「フレデリック・バンティング」という方の誕生日です。

世界糖尿病DAYになると、世界各国でイベントが開催されます。
糖尿病を広く知ってもらう為の活動が主となっています。
例えば、食事療法や、運動治療など、または糖尿病にならないための予防策を広めるキャンペーンなどです。
日本でも数年前には、通天閣、東京タワーが青色でライトアップされました。
またメディアにも世界糖尿病DAYについて、数多く取り上げられていました。

糖尿病で死亡してしまう日本人は、一年に一万人近くいるというデータがあります。
ですが実際に治療を受けている患者はその15パーセントに過ぎないというデータもあります。
そして、糖尿病の合併症を発症しての死亡者は、地球規模で考えるとなんと10秒に1人という計算になるのです。

糖尿病と聞くと、なんとなく贅沢な病気だと思っている人も多いでしょう。
豊かな食べ物が沢山あるから、糖尿病になってしまうイメージがあるでしょう。
ですが、意外と発展途上国の方が糖尿病がとても進んでいます。

それはなぜかと言うと、食事に脂肪分、塩分が多過ぎたり、また糖尿病を治療できない環境にあることなのです。
困難な暮らしで食事に困ったりする人たちは、糖尿病になったとしても、私たちのように毎日の食事を選べません。
また、インスリン、糖尿病の治療費が高く病院に行けない患者もいると言われています。

世界中で健康的な食事が出来きるようになり、糖尿病患者が減ることを目的として、今後も世界糖尿病DAYには様々な活動が期待されています。

糖尿病の人は骨がもろくなる その2

例えば、カルシウムが不足し、血液の中でカルシウム濃度が低くなると、その分を補う為、破骨細胞がカルシウムを血液中に届けようと骨を自ら破壊するのです。
老化、またはカルシウム不足によって引き起こされる、「骨粗しょう症」と呼ばれる病気がこの状態です。
骨粗しょう症の人の骨は内部がすかすか状態だと聞いたことがあると思います。
これは、今までお話したようにカルシウムを補おうと、細胞が骨を破壊し、カルシウムを作る働きをすることが原因で、骨がすかすかになるわけです。

ここで一度、破壊された骨は、十分な再形成が行われないことが問題となってきます。
老化以外でも、糖尿病の場合、骨量が特に減少する傾向にありますので、同じような症状になります。
いくら食事でカルシウムを摂取しても、すぐには改善されません。

体内ではインスリン受容体という物質が、骨芽細胞に存在します。
インスリンは骨の細胞を増殖する作用を持っているため、このインスリンが足りないと、骨芽細胞が減少します。
その結果、骨の形成ができなくなるのです。

逆に高血糖のケースでも、尿が多く排出されますから、カルシウム、マグネシウムが体内に蓄積されにくい状態です。
常に排泄されやすくなります。
結果、骨形成が低下し骨粗しょう症に繋がります。
高血糖は、タンパク質の糖化によりコラーゲンが減少し骨がもろくなりやすいのです。
骨量が少ないと診断された場合は、糖尿病改善と同じように運動、食事に気をつけましょう。
糖尿病による骨粗しょう症を改善するためには、食事でただカルシウムを摂取するだけでなく、まず糖尿病を治療することが大切です。

糖尿病の人は骨がもろくなる その1

糖尿病は様々な病気を併発してしまいますが、骨折しやすくなるということもあります。
健康な人と、糖尿病の人、比べてみたら、糖尿病の患者さんの方が倍以上も骨折しやすくなると言うデータがあります。

どうして糖尿病の人は骨がもろくなるのでしょうか?
それはインスリン不足が原因と言われています。

もう少し詳しく説明しますと、骨の細胞には3種類あり、骨細胞、骨芽細胞、破骨細胞です。
骨細胞とは、骨自体を維持する細胞であり、骨芽細胞は新しく骨を作る細胞です。
そして破骨細胞はその文字の通り、骨を破壊する細胞なのです。

人間の骨は、古くなると破骨細胞により骨が破壊されます。
そして血液の中に、骨のカルシウム、またはコラーゲンを溶かします。
その後、骨芽細胞により新たな骨が作られます。
その方法ですが、新たなコラーゲンが分泌され、それに骨塩が沈着して、骨になっていきます。
そして、新しく出来上がった骨は、骨細胞によって維持されます。
これらが繰り返され骨が形成されます。
これを骨代謝回転と呼んでいます。

骨を丈夫にするにはカルシウムが必要なことは、どなたもご存知のことですよね。
その為に食事の際に小魚を食べたり牛乳を飲んだり、毎日の食事に気をつけている人もいらっしゃるでしょう

そのカルシウムですが、骨には、なんと体内のカルシウム分の99パーセントがあるのです。
ほとんどが骨にあるということですね。
そして1パーセントが血液、筋肉にあると言われています。

カルシウムは細胞を正常に作用させるためにも大切です。
ですから、常に一定した量のカルシウムが体の血液に含まれている必要があるのです。

糖尿病の治療:家族の協力が必要

糖尿病を改善するためには、食事療法がとても重要とされていますが、そのためにはご家族の協力が必要となります。
まず、糖尿病と診断されたら患者さんと一緒に病院へ行き、病気について病院側から話を聞きます。
こうしたことで糖尿病についての理解が深まります。
何かわからないことがあれば患者さんと一緒に質問して確認します。
説明や注意点を聞くことを患者さん1人に任せないようにしましょう。

毎日の糖尿病の食事の支度をする担当は、患者本人であったり、あるいはご家族であるわけですから、食事の注意点を明確に把握しておくことが大切です。
また自治体や病院で行われている「糖尿病教室」に、家族で参加してみてはいかがでしょう。
普段の生活の仕方や、食事の注意点、また糖尿食の作り方など、様々な情報を得ることが出来ます。
患者さんだけでなく、是非、ご家族の方もご一緒に参加してみると良いでしょう。

また、低血糖の症状が出た際など、普段から近くにいるご家族が支え、助けてあげられるように、対処法も知っておくべきです。
それに、糖尿病の患者さん、同じ暮らしをしていたご家族も同じ食事をしていたわけですから、今後、ご家族の方も糖尿病になる可能性があります。
家族全員で患者さんと同じ糖尿病の食事をすることで、食生活を見直す良い機会ではないでしょうか。

また糖尿病は、ストレスも関係あると言われています。
仕事を持っている患者さんの場合は家庭ではリラックスできるようにご家族が協力してあげて欲しいと思います。
他の病気もそうですが、糖尿病も患者本人と家族の支えがあって改善される病気なのですから。


脚痩せダイエットとバスタイム


骨盤矯正ストレッチのやり方と効果


コアリズムの効果


フケ(ふけ)症の対策 頭を触らない2


糖尿病に食物繊維は効果大

糖尿病を改善するための食事に食物繊維が大切だとお話しましたが、それはどうしてなのか、おわかりになりましたでしょうか?

食物繊維がなぜいいのかというと、消化に時間がかかるので胃の中に留まる時間が長いのです。
ですから、食物繊維を多く摂取した方が、食事によって血糖値が急に上がることが少なくなります。
食事の基本は、ご存知の方も多いように、「主食」「主菜」そして「副菜」をバランスよくとることが重要です。
そのためには白、赤、黄、緑、黒の素材を1食あたりに、なるべく取り入れることがポイントです。
栄養価を暗記するのは大変でしょうが、色でしたら分かりやすいと思いますから是非、実践して下さい。
主食はご飯でしたら150グラムから200グラムを目安に召し上がることです。

糖尿病と診断された人、糖尿病予備軍の人、双方にお勧めする食事にそう違いはありません。
大切なことは、栄養バランスなのです。
例えば、参考までに、バランスの取れた食事とはタンパク質15パーセントに、脂質が25パーセント、そして糖質60パーセントが良いと言われています。

栄養バランスの良い食事は血糖値の上がり下がり幅が、より小さくなります。
ですから、食事療法とは、糖尿病だけではなく、肥満、高血圧など、疾病の予防、または改善も期待できる治療法なのです。
今、問題となっているメタボと呼ばれる成人病予備軍にも、もちろん食事療法は有効です。
また、食物繊維は効果としてコレステロール値を下げ心臓疾患も予防する優れものです。
その上、食物繊維を沢山含んだ食品は、それらのカロリーが少なめですからカロリーの過剰摂取も防止し、腸内で脂肪を吸収する作用もあります。
便秘に効果的なことは昔から知られていますよね。
様々な効果が期待できる食物繊維を日々、きちんと取るように心がけましょう。


抜け毛(脱毛)の予防と対策での髪の毛の洗い方


発毛・育毛とコラーゲン


育毛(発毛)シャンプーと髪のサイクル


プロテインダイエットのプリン:レシピ

糖尿病改善のポイント:腸内環境

糖尿病を改善していく上で、食事療法、運動療法だけで何も改善されなかった場合、薬物も使用するようになります。
そうならないために、特に食事療法では腸内環境を良くする食べ物を摂取することをポイントに考えれば、糖尿病改善、防止にも役立つはずです。
では、腸内環境を良くするためには何が大切になるでしょうか?
それは食物繊維です。
食物繊維を十分に摂取することは、糖尿病だけでなく、様々な病気の予防に繋がります。

では、そもそも食物繊維とは何でしょうか?
食物繊維とは人間の消化酵素では分解することが出来ない性質のものです。
イモ、マメ、穀類、海藻、野菜などに多く含まれています。
これらを積極的にとるようにしましょう。

それから、食生活の習慣にも気をつけてみて下さい。
例えば、食物繊維が糖尿病に良いからと食事に沢山取り入れても、食物繊維は、よく噛み砕かないといけません。
普段、食事の時間はゆったりと取っていますか?
噛む時間が多いと少量で満腹を感じます。
食べすぎの防止になりますから食物繊維にはメリットが沢山あるのです。

また、糖尿病の中には、インスリンがうまく作用しないことが原因になっている場合もあります。
食事で糖質を摂取したのにも関わらず、それを体が上手く利用できず、結果、血糖が高くなってしまうのです。
この点を考えて、糖尿病治療は食事内容、摂取量を調整することですい臓の負担を減らします。
すい臓の負担を減らすと、すい臓はインスリンを分泌しているのでそれが通常に近づきます。
そして、血糖値が正常に戻るようになります。
すい臓に負担を掛けない、腸内環境を良くする、これらも糖尿病改善のポイントなのです。


ダイエットでの基礎代謝量:測り方


ダイエットでの失敗談:挫折しないために


ウォーキングダイエット(肥満解消)と有酸素運動の仕組み


日常生活の中のダイエット運動のやり方(方法)

糖尿病の食事:バランス良くとる工夫

糖尿病の食事を考えるときに重要なポイントとなってくることは、栄養を取りすぎてもダメで、少なすぎてもダメ、とにかくバランス良くとることなのです。
それによって食後に急な血糖値上昇を防ぐことが出来ます。

治療のため、血糖値を下げるためには、通常の健康的な生活、食事が基本です。
ですから、特に糖尿病だから!と言って難しく考え込むことも良くありません。
インターネット上や出版されている本でも、糖尿病食レシピは沢山紹介されていますから、簡単なメニューから始めて少しずつレパートリーを増やして行けば良いと思います。
全部の食事を糖尿病食にすることも最初は大変でしょうから、夕食だけは糖尿食の宅配サービスを頼んでみるなど工夫をし、上手に長く食事療法を続けて行きましょう。

とにかくレシピでしたらインターネット上で沢山、紹介されています。
「糖尿食」「レシピ」などの言葉で検索してみると良いです。
多くの人が、ホームページやブログで自ら工夫をした、いろいろな糖尿病食レシピを掲載しています。
自分だけで考えると食材も献立も限られてしまいがちですから、是非活用してみて下さい。

では、みなさん、どのように糖尿病食レシピを工夫されているのでしょうか?
それは食事自体を楽しんでもらうために、見た目の工夫も大切なようです。
例えば、食事は一皿だけでなく、いろいろな献立をそれぞれ小皿に少量ずつあったのなら、目先も変わり満足の行く食事になると思います。
摂取カロリーが同じでも、いろいろなメニューを少しずつ食べることが出来きたら栄養のバランスも良いでしょう。

また糖尿病の人だけではなく健康な人やダイエット中の人も、糖尿病食料理はヘルシーだと注目されているようです。
味も塩分を取り過ぎないように、かつ、美味しくなるよう工夫が凝らされた様々なレシピがありますから、是非、ご家族みなさまでお召し上がり下さい。


自分でやる水虫の対処方法


アイメイクで一重まぶたはクールな美人系に仕上げる...


電子カルテは医療事務を軽減する?


日焼け止めにはメンソレータム・スキンケアUV...


冷え性が引き起こす病気(2)...腰痛、肩こりなど...

糖尿病の食事は塩分に注意

糖尿病の方が気をつける食事は、どうしても摂取カロリーばかり気にしてしまう傾向があります。
もちろんカロリー摂取量もとても大切ではありますが、同時に塩分の取りすぎにも注意が必要なのです。
台所を預かる身としては、カロリー量、塩分に双方に気をつけて糖尿病患者のための食事を作らなければなりません。

また、食べるほうも、醤油などの調味料を料理に掛けることを遠慮がちにする必要があります。
例えば、漬物、干物、小鉢料理など、なんとなく、いつもの習慣で醤油をかけてしまいませんか?
その料理には味が付いているのにも関わらず、なんとなくかけてしまう方、多くいらっしゃると思います。
せっかく糖尿食を作ってもらっても、このようなことでは塩分を取りすぎてしまい、意味がありませんから、自分自身でも気をつけましょう。
物足りないようでしたら小皿に別に醤油を入れ、少しずつつけながら食べても良いでしょう。
慣れてきたら醤油なしでも、食べられるものが多いことに気がつきます。
このようなことは続けることが大切です。
毎日、3回の食事の時に気をつけることを忘れないで下さいね。
自然と薄味に慣れてくると良いですね。

ご家族が糖尿食を作って下さるご家庭はまだ良いほうですが、例えば1人暮らしをしている方で、料理の経験がない方が糖尿病と診断され、さて、これから自分で食事療法を実践しなければならい、そんな方もいらっしゃるでしょう。
病院からレシピをもらっても、急に料理をしろといっても、どうしたらよいのか、わからないですよね。
そのような場合は、宅配システムで糖尿病のための食事を届けてもらうことも出来ますので、お試しになっても良いでしょう。
温め方も簡単ですから、料理が出来なくても安心です。
カロリーや塩分も考えられて作られた食事ですから健康維持に適していて健康な方もお勧めです。


前髪など部分的にくせ毛を治す方法(縮毛矯正)


杉本彩さんプロデュースのサビンナはピクノジェノール配合

つわりの対処法は無理しないでリラックス...

花粉症の症状が出てから対策しても遅い?

「牛肉とゴボウの煮物」
お肉料理でありながら、なんと一人前およそ160kcalと低いカロリーの糖尿病レシピです。
ちょっとこってりとした食事をしたいときにおなかも満足するレシピです。

「材料1人分」
牛肩肉、なるべく赤身を選ぶ・・・40グラム
ゴボウ・・・30グラム
卵・・・1個
だし汁・・・小さじ2
砂糖・・・小さじ1
酒・・・小さじ1
醤油・・・大さじ1

「作り方」

ゴボウは皮をむき、ささがきにして、水にさらしてあく抜きをしておきます。
しばらくしたらザルに上げ、水を切ります。
牛肉は食べやすい大きさに切っておきます。
鍋、またはフライパンに、だし汁と、砂糖、酒、醤油加え、煮ます。
ゴボウを入れ3分煮ます。
肉を入れ、ほぐしながら、牛肉に火が通るまで煮ます。
最後に溶き卵を回し入れます。
卵が固まってきたら、蓋をし、火からおろします。
2分ほど置くといい具合に卵が固まります。
汁も美味しいですから、全部、器に盛りつけて下さい。

「もやしとキュウリのあえもの」
一人前70キロカロリーです。

材料「1人分」
もやし・・・1/4袋
キュウリ・・・半分
薄切りハム・・・1枚
お酢・・・小さじ1
ゴマ油・・・小さじ1
中華スープ・・・小さじ2
お醤油、お砂糖、ラー油・・・少々

「作り方」
ゆでたもやしと、せん切りにした、ハム、キュウリをボールに入れます。
調味料を入れ混ぜ合わせるだけで、食事のちょっと前にちょこちょこっとすれば出来上がりです。
とっても簡単ですのでサラダの代わりにいかがでしょうか。
野菜がたっぷり取れてヘルシーな糖尿病レシピです。


骨盤・腰椎コルセットは腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアに効果あり!


パワーポップはダイエット(肥満解消)キャンディ:短期間集中で効果あり


馬太郎サプリの効果


サウナスーツで汗をかいてダイエット効果を...


赤ちゃん(乳児・ベビー)の病気と良いお医者さん

糖尿病の食事であっても材料に工夫すれば中華料理も安心です。
食事のメインディッシュになる八宝菜とスープのレシピをご紹介します。
ご家庭のお食事に是非取り入れてみて下さい。

「ローカロリー八宝菜」
一人前167キロカロリーとヘルシーです。

「材料1人前」
豚肉ロース・・・薄く切ったもの2枚
シイタケ・・・2枚
しょうが・・・・(すり下ろしたもの)小さじ1
タケノコの水煮・・・20グラム
ニンジン・・・20グラム
白菜・・・葉1枚
お酒、砂糖・・・少々
片栗粉・・・小さじ1
中華ダシ・・・少々
しょうゆ・・・小さじ1
ゴマ油・・・少々

ニンジン、シイタケ、たけのこ、白菜、豚を食べやすい大きさに切ります。
ゴマ油をひいたフライパンにショウガ入れ、豚肉を炒めます。
ニンジンを入れ炒めます。
次に、たけのこ、しいたけを入れて炒めます。
最後に白菜を加えて、調味料を全部入れます。
水溶き片栗粉でとろみをつけてあげたら出来上がり。

「ワカメスープ」

一人前64キロカロリーです。
「材料1人分」
卵・・・半分
ねぎ・・・大さじ1
ワカメ・・・適量
酒、塩、しょうゆ・・・少々
中華だし・・・180cc

ねぎをみじん切りにして、卵はほぐしておきます。
中華だしを鍋で煮て、ほぐした卵を流し入れ固まらないようにそっと混ぜます。
ワカメ、酒、醤油、ゴマ油を入れ、最後に塩で味を調えて下さい。
中華は糖尿病食に向かないと思っていた方も、工夫次第で中華もオーケーということがおわかりになったでしょう。
このスープ、八宝菜と良く合いますから、ローカロリーな中華の食事を楽しんで下さい。


豊胸・バストアップ


栄養ドリンクの効果


介護分野の求人について...ヘルパー,正規職員,パート


チーズきのこオムライス...とってもヘルシー

糖尿病の食事にお勧めレシピをご紹介します。
「野菜たっぷりミネストローネ」
一人前およそ30キロカロリーと控えめです。

材料1人分
コンソメ・・・固形1個分
にんにく・・・少々
玉ねぎ・・・8分の1程度
プチトマト・・・5個
にんじん・・・20グラム程度
キャベツ・・・1枚
サラダ油・・・小さじ1

野菜を細かく切ります。
鍋にサラダ油、にんにくを入れ、火に掛けます。
良い香りがしてきたら野菜を入れて炒めます。
水150ccとコンソメを入れ10分煮込むだけの簡単なスープ料理です。

メインには「ささみのマスタード焼き」はいかがでしょうか?
およそ1人前210キロカロリーの肉料理です。

材料1人前
鶏のささみ肉・・・2枚
プチトマト・・・3個
きぬさや・・・5枚
にんにく・・・少々
白ワイン(なければ酒)・・・大さじ2
サラダ油・・・小さじ1
肉に塗るマスタード(粒状のもの)・・・大さじ1
コショウ・・・適量
塩・・・適量

まず、最初、熱したフライパンに、にんにく(みじん切りにしたもの)と、サラダ油を入れ火に掛けます。
鶏のささみを加えて、塩コショウし、中火で両面を焼きます。
きぬさや、プチトマトもフライパンに一緒に入れ、白ワインを入れ、蓋をして蒸し焼きにします。
2分したら火からおろします。
肉に粒マスタードを塗ります。
また蓋をして1分ほど火に掛けたら出来上がり。

ささみは一番カロリーが少ないお肉ですので、糖尿病でも、安心して食べることが出来る、お勧めの食材です。
こうして食事を工夫することで、肉料理だとしても、これだけの少ないカロリーで作れますからご家庭でも是非作ってみて下さい。
野菜は煮ることでかさが減りますから沢山食べられます。


正しい口臭ケア...唾液,歯磨き,分泌


骨盤矯正のための体操...骨盤矯正,ゆがみ,整体,ヨガ


アミノ酸の健康食品・サプリメント...


アロマオイルのミントであるアロマミントは主に鎮静作用...

糖尿病性腎症

糖尿病性はいろいろな病気を更に引き起こす、危険なものです。
糖尿病性腎症と呼ばれる腎臓の病気もその一つです。
腎不全になってしまい、人工透析を導入しなければならない患者は毎年、増え続けています。
どうしてこのような病気に進行してしまう人が多いのでしょうか?
それは高齢化に伴って、生活習慣病でもある高血圧症の方が増え、または動脈硬化が長引き、その結果、腎不全になってしまうのです。

糖尿病の初期は症状がありません。
ですから、健康診断で見つかるまでわからない場合が多くあります。
このように無症状でありながら20年も高血糖の状態がもし続いたとしたら、やがて血管に障害が出来、動脈硬化になります。
手や足がしびれ、神経障害も引き起こします。
そして、腎臓の機能が正常にいかず、貧血の症状などが現れるようになります。
そもそも腎臓は体から出た不要物、老廃物ろ過する機能があります。
その役目をする糸球体が、常に高血糖状態にあると、どんどん硬化して本来の機能が低下してしまうのです。

治療のため、人工透析を始めますと自分の腎臓は殆ど動かなくなり、その後、一生ずっと透析しなければならないことになります。
ですから腎臓を大切に使っていくことをもっとみなさん考えて行くべきでしょう。
このような糖尿病が引き起こす病気は食事療法で改善しますから、病気を早期に発見して、毎日の食事に気をつけていきましょう。

糖尿病で引き起こされる腎不全の食事は、当初はタンパク質を制限されることもあります。
またその後、悪化したケースではカリウムやナトリウム、リン水分なども制限されます。
そして食事で補えきれない、ミネラルやビタミン類は薬を飲むこともあります。


MRPダイエットドルチェは甘くておいしい


「豆乳バナナ」の作り方と飲み方


ボクシングダイエットの効果


コンタクトレンズの誕生と歴史

糖尿病:症状 その2

糖尿病の症状について、お話している続きです。

歯、口の中の病気も糖尿病と関係があります。
糖尿病になると歯肉が炎症しやすくなります。
そして、それがなかなか治りにくくなるのです。
歯茎の出血、歯槽膿漏は放置しておくと歯が抜けてしまいますから、糖尿病によって引き起こされている場合は早めに治療することです。
口の中のトラブルは食事も思うように取れなくなりますから、早めに歯医者、病院、双方で診てもらうようにして下さい。

また、糖尿病の症状としては、通常より頻繁に喉が渇くようになります。
血液の中の糖が増えると、その分、尿も増えます。
トイレに行く回数が多くなり、尿が沢山出ると水分が失われ、結果、喉が渇きます。
そして糖尿病の代表的な症状で、無性に水が飲みたくなったり、甘い飲み物が欲しくなったりします。

そして、糖尿病の症状として食欲の増加が上げられます。
糖尿病にかかると食欲が増加します。
これは食事の量が増えることだけでなく、特に甘い物が欲しくなり、好んで食べるようになります。
辛党だったのに、最近は甘い物が常に欲しくなるというケースの場合、糖尿病かもしれないと疑ってみることをお勧めします。
そして、思いのままに甘い物を摂取し続けたり、食事を沢山取りすぎてしまうことで、カロリーオーバーになり、治療しても治りにくくなりますので注意が必要です。

また意外なところで、糖尿病で性欲がなくなることもあげられています。
インポテンス、性欲がなくなることはあまり知られていませんが、糖尿病の患者さんに起こる代表的な症状です。
女性の場合は それが月経不順、不妊の症状となって現れるようです。
以上の症状が続いたら、病院で診断を受けましょう。


プチ断食と断食の違い


鶏ささみ肉のリゾット


赤ちゃんの紫外線(UV)対策は大人以上に大切...


豊胸(バストアップ)と女性ホルモン...マッサージとツボ刺激が効果的

糖尿病:症状 その1

糖尿病になりかかっても、これと言って気になった症状がないため、なかなか食事に気をつけることができない人が多いようです。
食事療法でいくらか改善することが可能であるため、薬物療法まで用いる重い症状になる前に自分で気が付けばよいのですが、なかなか難しいようです。

では、ここで糖尿病になったら、どのような症状が出てくるか、まとめてみましたのでご紹介します。

まず、糖尿病という言葉の通り尿に糖が出ます。
これは、血液中の糖分が、一定以上になりますと腎臓から外に糖が出されます。
それが尿と一緒に出てくるのです。

ですが、尿から糖が出たら、すべての人が糖尿病かというと、そうではないと言われています。


おからのレシピ:おからハンバーグなど


ヒルズダイエットのグルメリゾットの種類と味


プロテインダイエットをスキムミルクで


りんごダイエット(肥満解消)


尿に糖が混じることは、糖尿病だけでなくほかの病気である可能性も出てきます。
病院での尿検査、血糖検査はこのためにも重要となってくるわけです。

次に体が疲れやすくなります。
糖尿病だけではなく、様々な病気の症状で疲れやすくなりますが、睡眠を十分にとっても回復しない、常にだるかったり、疲れていたりしたら糖尿病の可能性もあるのです。
このようなケースは糖尿病かもしれないと思ってみることです。
体の脱力感、倦怠感という症状は糖尿病患者に多い症状なのですから。

また、糖尿病が悪化してしまった場合、神経障害の合併症を起こすことがあります。
そのため神経痛になる人もいます。
最初は手や足がしびれ、ピリピリしてきます。
手や足がしびれる症状が出た場合にも糖尿病の疑いがあるのです。

糖尿病とはなにか:インスリンとの関係

糖尿病という病名は有名ですが、そもそも糖尿病はどんな病気でしょうか?
ここで少しお話しておきましょう。

インスリンという物質の名前を聞いたことがある人も多いと思います。
糖尿病の人が薬物治療に使います。
注射器で摂取するあの物質がインスリンです。
糖尿病とは、体内のインスリンの作用が低下してくる病気なのです。

インシュリンが体内で不足したり、その作用がにぶくなると、細胞の中にはブドウ糖が入りにくくなるのです。
結果、体の物質代謝が通常ではなくなります。
細胞の中に入れなくなったブドウ糖は血液中に残ることになり、その量が通常より増えて、それが高血糖状態です。
そして、尿として糖分が出てきます。
糖尿病は、その文字の通り、糖が尿に出てくるということなのですね。

こうして代謝機能が異常になり、糖尿病の症状のほか、眼、肝臓、神経障害が合併症になって現れます。
また動脈硬化を起こすと治療が難しくなってきます。
結果、命が危険にさらされるほどの合併症となるわけです。

糖尿病の検査では空腹時血糖値、ブドウ糖を飲んだ後に血液を調べる、ブドウ糖負荷値などから診断されます。
空腹時血糖値ですと110mg/dl未満が正常です。
126mg/dl以上で尿病型となります。
また、ブドウ糖負荷後の2時間値で、140mg/dl以下でしたら正常、200mg/dl以上は糖尿病型になります。
正常、糖尿病の間の数値になったら糖尿病予備軍と言うことになります。
そうならないためにも普段の食事に気をつけることですね。
食事を改善するだけでも効果はかなりありますから、毎日の食事で摂取する塩分、カロリー、脂肪分など気をつけて下さい。


レーサーダイエットの特徴と口コミ


健康増進型(甘い野菜)でダイエット以外の効果


「豆乳ダイエット」の効果


豆乳のためのアレンジの紹介


簡単ダイエットエクササイズ:ウェスト

糖尿病:国民的な生活習慣病

糖尿病という病気は、そうなっていてもすぐに症状として現れません。
日常における生活習慣や、食事が乱れてくると、結果として全身の血管に悪い影響を及ぼしてきます。
糖尿病に近づいてしまっても、自覚症状がないため、血糖値が徐々に上がり、自分でもわからないうちに糖尿病の予備軍になっている可能性があります。

では、日本ではどれくらいの人がそうなのでしょうか?
厚生労働省が行った調査では、わが国の成人、およそ6人あたり1人がすでに糖尿病であるか、または予備軍だと言うデータがあります。
どうでしょうか?6人に1人は、とても多いですよね?
普段から血糖値が高く、尚、良くない生活習慣を送っている人は、検査だけでもまめに受けに行くことをお勧めします。
初期の段階では食事療法や運動療法だけで大丈夫ですから、薬物療法になる前にご自分の体の状態をチェックするべきなのです。

日本全国で糖尿病を患っている成人の数は、糖尿病予備軍を含めおよそ2200万人以上もいるということが2007年、厚生労働省から発表されました。
これは厚生労働省が行っている「国民健康栄養調査」の結果です。
この結果でもおわかりのように糖尿病は今では国民的な生活習慣病になっています。

ですが、一方、糖尿病に関する一般の方の認識は低く、あまり関心がない人も多いです。
食事の方法や生活習慣の改善で糖尿病の予備軍から、抜け出せることを知らずに、そのまま乱れた食生活を続けている人が多いということです。
症状が出ないため、そのまま放置している人が多いことも心配です。
健康診断、検診はとても大切ですから、自覚がない人も検査結果で糖尿病と診断されれば、少しは食事にも気をつけるようになるでしょう。
是非、健康診断は欠かさずに受けて下さい。


不眠症対策には足ツボマッサージ

国立病院ダイエット(肥満解消)は大変危険


矯正歯科医院の選び方のコツ


発毛・育毛とコラーゲン

それから、糖尿病の方は、食事の際には調味料をかけすぎないことです。
ドレッシングもそうですが、ソースやケチャップ、塩、しょうゆ、マヨネーズなど、食卓に置かれていると、ついかけたくなってしまいます。
これらは少なめにするように気をつけてください。
ソースなどは直接、料理にかけずに別の小皿に調味料をとって、つけていただくのも1つの方法です。

また、出された食事を残さず食べることは幼いころから教えられてきました。
確かに物を残すことはもったいないです。
ですがこの、もったいないと思うことは糖尿病患者にはNGなのです。
糖尿病の症状を改善させるために努力している最中なのですから、「これを全部食べたら、食べすぎだ!」と思ったら、勇気を出して残しましょう。

そして、普段、外食しているメニューのカロリーを把握しておくことも大切です。
そうかと言って、外食メニューの数は数え切れないほどあります。
それらのカロリーを暗記するのも覚えきれないでしょうから、カロリーの本などを持ち歩くのも1つの手でしょう。
ポケット版のような小さなカロリー本も多数出ていますので、いつでもどこでも確認できるよう持ち歩くことも良いでしょう。

ファミリーレストランでは料理にカロリー表示をしているところも多いです。
オーダーの前にこちらのほうも目を通して考えてみましょう。

糖尿病の治療中とは言え、外食は楽しいものですから、それを我慢することはストレスに繋がります。
楽しく美味しく糖尿病の食事をするように心がけて下さい。


冷え性の原因と対策、改善と解消
冷え性についてその原因と対策を明らかにし、改善と解消のための方法を解説します。


縮毛矯正を美容院や自宅で失敗なく行う方
くせ毛を治す方法、縮毛矯正のやり方は美容院や自宅で行えますが、失敗しないで行う方法やパーマ、シャンプーなどについての情報を提供します。


スタミナ(精力)増進・ナビ
スタミナ・精力が増進する食物、栄養剤、ドリンク、サプリメントなどの紹介です。


ピクノジェノールの子宮内膜症などへの効果・効能
ピクノジェノールはフランス海岸松からの抽出液で子宮内膜症などへの効果・効能がある健康成分です。


ダイエット器具の通販と効果や口コミ
ダイエット器具の通販の情報やその効果についての口コミなどについて発信します。


ご存知の方も多いと思いますが、糖尿病の患者さんが特に注意して気をつけなければならないことは日々の食事です。
それはご自宅での食事だけはありません。
お仕事などでランチだけはどうしても外食をしなければならない人もいるでしょう。
外食する機会が多い人ほど、特に気をつけて食事メニューを選ばなければいけません。

「糖尿病食」を続ける上で、外食しなければならない場合があったとしても、自分なりにメニューを選択する方法を覚えておけば安心ですね。
一般的に言われていることで、外食の悪いところと言ったらどういったことでしょうか?
それは、塩分が多い、カロリーが多い、野菜が少ない、栄養バランスが悪い、油分が多いなどがあります。
またランチタイムで込み合う店で、時間をかけずにさっさと詰め込むような食事も糖尿病患者さんは避けるべきでしょう。

会社員の昼食で良く食べてしまうもの、カレー、ラーメン、そば、丼ぶりもの、ファーストフードなどがあげられます。
これらは栄養バランスが偏っている上に、炭水化物ばかりで、塩分、脂質も多く、出来れば避けてもらいたいメニューです。
そうかと言って、糖尿病の方で外食せざるを得ない人もいらっしゃるでしょうし、たまには外食したいと思っている人もいるでしょう。
社会人だとお付き合いもありますから、外食する機会は避けられないものです。

では、外食をする際に気をつけたいことをあげてみます。
まず、単品メニューよりいろいろな食材が入った定食を選ぶこと。
ラーメン、ソバ、丼ぶりものは炭水化物が多いです。
これは血糖値を上げてしまうという危険性があります。
昔から言われていることですが、主菜、副菜、汁物が含まれた料理は栄養バランス良く考えられています。
小鉢などがある定食がお勧めです。


水虫の症状と治療
水虫の症状と治療について爪や手、かかとの水虫の薬や治し方について解説します。


満腹たんぱくダイエット
満腹たんぱく(蛋白)ダイエットの効果ややり方、作り方、食品などについて紹介します。


紫外線(UV)...その防止と対策・ナビ
紫外線(UV)対策の情報について、帽子やサングラスなどのグッズから赤ちゃんや子供への日焼けなどの影響の予防・防止とケアなどについての情報を提供します。


日焼け止め~SPF,ランキング、敏感肌から赤ちゃんなど
日焼け止め対策として、SPFやおすすめ商品ランキング、成分、ノンケミカル、敏感肌の人、赤ちゃんの日焼け止めなど、さまざまな情報を提供します。

糖尿病の運動療法:運動メニュー

糖尿病と診断されてしまったら、食事療法のほかにも運動療法も合わせてすることで、より症状の改善に繋がります。
糖尿病の患者さんは病院から食事療法、運動療法、症状が深刻な場合や薬物療法を指示されます。
その運動も患者さんの症状の程度によって違ってくるので、自分なりの運動メニューを作ることになります。

ですから一人一人の運動メニューは若干違ってきますが、基本的には下記のようなことに気をつけると良いでしょう。

まず、運動メニューは自分1人で出来る運動を選ぶこと。
毎日、同じ回数続けること。
場所、天候を選ばず、いつでも、どの場所でも可能な運動であること。
毎日続けることが望ましいのですが、無理であったなら、隔日に必ずするようにします。

そして、準備体操と整理体操を必ずすること。
運動療法としてのエクササイズは1日で30分ほどにしましょう。
それらは朝と晩に分けて運動してもかまいません。
急にスピードアップなど無理なことはせず、ゆっくりとだんだんにスピードを上げていきましょう。
反対に、終わる時は、ゆっくりスローダウンさせていきます。

もし、ウォーキングをメニューに入れる場合には、1回のウォーキングを15分から20分の目安で歩きましょう。
万歩計をつけて1日1万歩を目指すのも良いでしょう。

あまりきついことばかりをメニューに入れることはやめましょう。
運動後、疲労がかなり残って、ぐったりするようでは、体に無理がかかります。
食事の後はすぐ動かず、1~2時間後に開始することで、食後の血糖値が上がることを抑えられます。


介護・福祉ガイダンス...介護福祉士や介護保険など
介護・福祉ガイダンスは、介護福祉士、介護保険など介護・福祉のすべての情報を発信します。


簡単ダイエットレシピあれこれ...貴方もこれでスリムになれる
今流行の簡単ダイエットレシピ...とってもヘルシーな料理のレシピのあれこれを紹介します!


口臭全科...予防・原因・治療・対策など口臭のすべて
口臭全科は、口臭についての予防・原因・治療・対策など口臭のすべてについての情報を提供します。


骨盤矯正ガイダンス...骨盤のゆがみサヨナラ!
骨盤のゆがみを正す骨盤矯正についての様々なガイダンスです。

食事療法:カロリー計算をしましょう

糖尿病と診断されてしまっても、早期でしたら食事療法、運動療法をすることで病状は改善されます。
もし糖尿病が進行してしまった状態でしたら、インスリンなどの薬物療法をすることになります。

では、糖尿病の方はどのような食事療法をしなければならないでしょう。
それは、その方の日常生活を考慮して、それに合ったカロリー摂取を心がけなければいけません。
こうして一日の摂取カロリーを守ることを食事療法と言います。

糖尿病は特に口にしてはいけない食材はありません。
ですが、自分に合った分量の食事をしなければいけません。
さらにその食事内で必要な栄養をバランスよく取れるように工夫する必要があります。
これらは糖尿病患者だけではなく、栄養バランスの良い食事ですから、なにも1人だけそのような食事をすることもなく、家族と一緒に召し上がれます。

1日の摂取カロリー量は病院でも計算され、言われると思います。
一応、目安としての計算式があります。
標準体重に仕事別の消費カロリーを掛けた分が一日の摂取カロリーということです。

仕事別の消費カロリーとはなんでしょうか?
それは、仕事の職種によって体を動かすハードさが違いますよね。
肉体労働の人と事務職の人は消費するカロリーも違いますからその分、摂取するカロリーも高くなっています。
例えば、事務職や主婦の消費カロリーは25~30キロカロリーです。
販売業、自営業の主婦などの労働する人は30~35、 農業、漁業など重労働は35キロカロリーとされています。
ですから体重60キロの主婦でしたら1500キロカロリー前後と言ったところですね。


プロテインダイエット
プロテインダイエットの効果や口コミについてDHC、明治製菓、大豆などの情報を紹介します。


ダイエットメニューのレシピ
ダイエットメニューのレシピについて、焼き物、煮物、炒め物、カレー、スープなどの情報を提供します。


ダイエットのための基礎代謝量の上げ方
ダイエットを考えている人は、まずは基礎代謝量を上げることについて考えてみましょう。


ダイエットの失敗談・口コミ
ダイエットの失敗談・口コミなどについての情報を提供します。

糖尿病の食事:宅配 その2

では、ここで、ニチレイの糖尿病の宅配食事の中で、人気のメニュー「7食分セット」をご紹介します。
これは1箱に1食分の主菜、副菜が入ったセットです。
味付けもしっかりしています。
バランスも良く、ボリュームもあります。
これらは安心の厚生労働省許可特別用途食品です。
先ほどお話したように常温で長期保存出来るすぐれものです。
レトルトタイプなので、温めるだけで調理はとっても簡単です。

では「糖尿病食7食お試しセット」の内容はどのようになっているのでしょうか?
お魚料理の「白身魚の煮付けセット」定番の「チキンカレーセット」に「和風ハンバーグセット」「肉じゃがセット」、野菜が沢山入った「八宝菜セット」「酢豚セット」、それに「帆立と鶏クリーム煮セット」です。
この7セットで価格6930円プラス送料450円の合計7380円となっています。
年会費、入会金も必要ありませんので嬉しいですね。

お問い合わせ、お申し込みはニチレイフーズダイレクト、0120-86-2101です。
営業時間は9時から18時で、お休みは土、日、祝祭日です。

また、糖尿病食でしたら、6000以上の医療機関との提携で安心の「ミールタイム」という会社があります。
ミールタイムも入会金、年会費は不要です。
送料は常温で450円、冷凍食品で650円です。
尚、5250円以上のお買い物で送料無料となる嬉しい特典もあります。
お問い合わせ先、フリーダイヤルで0120-054-024です。
平日の9時30分から18時です。

糖尿病を患っている方がご家庭にいらっしゃる場合は毎日の食事の工夫も大変でしょうから、たまにはこのようなサービスを使って、楽してみるのも息抜きになると思います。


歯列矯正の治療
歯列矯正の治療について、大人から小児・子供の治療費・料金・費用や相談などの情報を提供します。


赤ちゃんの病気
赤ちゃん、乳児、幼児、ベビーの病気についての情報です。


プチ断食のやり方
プチ断食のやり方,方法について、ダイエットやデトックス、効果などの情報を提供します。


ダイエット食品
ダイエット食品の紹介と比較、人気商品のこんにゃくや朝バナナ、口コミなどの情報を提供します。


豆乳ダイエットの効果
豆乳ダイエットの効果、効能について、クッキーやおから、口コミなどの情報を提供します。

糖尿病の食事:宅配 その1

糖尿病の食事レシピは考えることも作ることも、毎日のことですから大変だと思います。
ご家族で糖尿病の方がいらっしゃるご家庭の主婦は、それこそ、メニューも食材も工夫して、毎日本当に苦労されていることと思います。
また1人暮らしで料理が得意でない方もいらっしゃるでしょう。
そのような方には糖尿病を考えた食事の宅配があるのです。
ご存知でしたでしょうか?

まず、調理冷凍食品で有名なニチレイという会社です。
みなさん、聞いたことがあるでしょう。
現在、ニチレイの売りは「自然派のお惣菜メーカー」ということであり、通信販売の子会社「ニチレイフーズダイレクト」という企業にて食材の宅配サービスをしています。
糖尿食のほかにも生活習慣病を予防するための食事「気くばり御膳」シリーズなどがあります。
または、有名シェフと共同開発したシリーズ「シェフズバランス」、これは人気があります。

ニチレイの冷凍技術を駆使し、成分のコントロールに成功したシリーズ「糖尿病食」というものがあります。
これは厚生労働省許可特別用途食品です。
ニチレイ「糖尿病食」シリーズは、なんと常温で2年間も保存できるからすごいです。
調理方法は温めるだけ!
レトルトタイプの「糖尿病食」ですからどなたも簡単に調理できます。

気になるカロリーですが一食あたり320キロカロリーです。
メニューも21種類と豊富にあるから飽きませんね。
また更に240キロカロリーの4種類も新登場し、和食、中華、洋食と合計25種類の中から選べることが魅力です。


ダイエット器具
ダイエット器具について、人気通販や効果などの情報を提供します。


ダイエット運動
ダイエット運動について有酸素運動や水中運動から太ももや下腹などのダイエット情報を提供します。


骨盤矯正ダイエット
骨盤矯正ダイエットについて効果や産後、下半身や整体などの情報を提供します。


ウォーキングダイエット
ウォーキングダイエットについて成功や効果、水中(プール)、下半身、体験談などの情報を提供します。


ヒルズダイエットの効果
ヒルズダイエットの効果と口コミ・体験談などを紹介します。

果物もビタミンや炭水化物、食物繊維を含みますので同時に摂取できる食材ですが、以外と糖分が多いことが心配です。
糖尿病の人は果物によって血糖値が上がってしまうので、適量に食べるのでしたら心配はないでしょうが、果物の食べすぎには十分注意して下さい。

以上のように栄養素とカロリーについてお話してきましたが、一般には糖尿病の食事には和食レシピが良いと言われています。
ですが、しょうゆなどの調味料を食べる際に、かけすぎないも心がけるようにしてください。

食事に取り入れる食材として是非使っていただきたいものが豆類、野菜、乳製品、肉製品の脂肪の少ない部分などです。
野菜の中でも緑黄色野菜は欠かさず食べるように、レシピに組み込むと良いでしょう。
なぜなら、緑黄色野菜は食後に血糖値が上がってしまうことを遅らせ、同時に血液の中のコレステロール値を下げる作用があります。
ですから糖尿食にはサラダを必ずつけるとか、緑黄色野菜をいつも取り入れるように工夫しましょう。

和食レシピがお勧めだとお話しましたが、食材、料理する方法に工夫すれば洋食や中華料理も糖尿食にすることが出来ます。
糖分、塩分を控えること、脂肪分が少ない肉類を使うことなどを工夫にすることによってカロリー摂取量も控えられます。
糖尿病の食事は飽きてしまって止めてしまったら、効果は期待できません。
続けることが大切なのですから、料理する側は患者さんが飽きないよう、和食、洋食、中華と工夫してあげると良いですね。
食事がつまらないとストレスにつながります。
楽しく、美味しく食事を取れることが何よりなのですから、家族の協力もとても大切なのです。


下半身痩せダイエットの方法
下半身痩せダイエットの方法について体操やストレッチの運動などを紹介します。


ダイエットエクササイズ
ダイエットエクササイズについて産後や簡単に下半身や太ももに効果がある情報を提供します。


抜け毛の予防と対策
抜け毛の予防と対策について原因や女性、シャンプーなどの情報を紹介します。


発毛・育毛の対策
発毛・育毛の対策や方法について促進剤やシャンプー、サプリメントなどの情報を紹介します。

摂取カロリーのことについてお話ししましたが、カロリーのことだけ気にするのではなく、特に栄養のバランスを考えて食事をしなければなりません。
もちろん、偏食も避けましょう。
そして朝ご飯を食べなかったり、夜まとめて食べたりすることはいけません。
規則正しく一日三食取るようにします。

糖尿病の食事で大切な事は基本的に三つです。
一日のカロリー摂取量を守ること。
栄養のバランスがとれた食事をすること。
規則正しく食事をとること。
これらを守りながら毎日、こつこつと続けることが大切です。

糖尿食の基本として、まず考えなければならない栄養素はタンパク質です。
糖尿病の食事で難しいことは、バランスの取れるよう様々な栄養素を組み込まなければならないことと、同時にそれでカロリーオーバーにならないこと。
この2つが上手く出来るかということで大切になってきます。

特に肉などの脂質が食材に含まれる場合、どうしてもカロリーが高くなってしまいますよね。
摂取するコレステロールのことも考えて、なるべく動物性脂肪は避けるように植物性脂肪を使った料理をしましょう。

タンパク質は肉以外にも魚にも沢山含まれています。
魚料理は糖尿食にふさわしいと良く言われていますが、塩分が過剰に摂取してしまう恐れがあるものもあります。
特に干物、佃煮などには注意しなければいけません。
加工食品というものは使われている塩分が多いものですから和食レシピだと言って安心して食べ過ぎることは心配です。


フケ(ふけ)症の対策
フケ(ふけ)症の対策について頭皮のフケやフケ症の症状、ふけの原因やシャンプーとの関係などの情報を紹介します。


育毛(発毛)シャンプーとヘアケア
育毛(発毛)シャンプーとヘアケアについて女性用や育毛剤から人気や口コミなどの情報を紹介します。


スープダイエット
スープダイエットについて、7日間(1週間)スープダイエットや野菜スープ、脂肪燃焼などの情報を提供します。


豆乳クッキーダイエット
豆乳クッキーダイエットの効果、おからやレシピ、口コミなどを紹介します。

糖尿病の患者さんの食事療法を「糖尿食」と呼びますが、健康への関心が高まっている現代は普通の方でも糖尿食にしている方もいます。
カロリーも抑えられ、栄養のバランスが良いので健康な方はその体を維持でき、生活習慣病も予防することが出来るからです。

では糖尿食とはどのような食事なのでしょうか?
糖尿食とは体の中のインスリンの不足によって、血糖値が高い状態が慢性的に続く糖尿病のために考えられた食事療法です。
糖尿病はひどくなってくると糖尿病腎症、糖尿病神経障害、または糖尿病網膜症という三大合併症に繋がる可能性があります。
そして脳梗塞、心筋梗塞など死亡に至るほどの恐ろしい病気を引き起こすこともあります。
ですから毎日の食事療法で糖尿食を取り入れることはとても大切なことなのです。

糖尿食にはいろいろな種類があります。
ですが、まず第一に、その基本はカロリーだと思ってよいでしょう。

カロリー量はとても大切です。
糖尿病を患っている場合、カロリー摂取量をオーバーすることは避けなければいけません。
そうかと言って、食べることを控え、カロリー不足、栄養不足になることもよくありません。

一日の摂取カロリーは体格、症状に合わせて変わってきます。
病院で指示された正しいカロリーを摂取しましょう。

糖尿病の患者さんではなくても、健康な人の場合、一般的にどのくらいのカロリーが理想的なのでしょうか?
それは一日1600カロリー程度だと考えられます。
摂取カロリーを守ることは作る側の協力も必要です。
家族みんなの協力が必要です。


つわり全科...症状・対策・食事・頭痛など
つわりの症状・対策・食事・頭痛などつわりについて妊婦さんのための情報を発信します。


かかってこい!花粉症...
花粉症の基礎知識、症状、対策、予防、薬、治療、グッズ、サプリ注射、レーザーなど、花粉症の改善のための情報を提供します。


レーサーダイエットの効果
レーサーダイエットの効果や口コミ、プーアール茶、サプリなどについての紹介です。


クッキーダイエットの効果
クッキーダイエットの効果について豆乳やおからからレシピや口コミなどの情報を紹介します。

糖尿病の食事:レシピについて

糖尿病の方のための食事レシピは様々な工夫がされており、本やインターネットでも沢山紹介されています。
これらのレシピは糖尿病の患者さんだけではなく、健康な人が生活習慣病の予防のためにも優れたレシピだと思います。
一般に一食あたり、500キロカロリーとは言っても、通常の料理とそう変わり映えはしません。
もちろん自宅でのお食事が望ましいことですが、外食する機会の多い方は、メニューの決め方を出来る限り工夫しなければいけません。

外食といえば、塩気が多く、カロリーの高いメニューが多いものです。
注文する品、または食べる量、両方に気をつけることで、カロリーオーバーにならないようにすることです。

糖尿病と診断された人は、これからのご自分の食事がすべて味気ないものになってしまわないかと不安も覚えると思います。
ですが、そんなことはありません。
「糖尿病食」として特別なものではなく、普通の食事を少し工夫して取るだけなのですから。
手作りのレシピも、工夫次第でおいしく、ローカロリーな食事にすることが可能です。

まず知っておかなければならないことは、それぞれのメニューがおよそ何カロリーぐらいあるかということです。
カロリーオーバーになりそうなら、食べる量を減らすことです。
外食でもご家庭でも、麺類のスープを飲み干さないことや、フライの衣は食べない、肉の脂身は残す、などを心がけると良いでしょう。

食べすぎをセーブする、バランスよく食べる、摂取カロリーを守る、これを毎日守ればそれは健康食となるでしょう。
糖尿病の患者さんだけでなく、みなさんでこの健康食を実践してもらいたいと思います。


ウォーキングのグッズ
ウォーキングを始める初心者のためのウォーキンググッズ・シューズや服装などの紹介です。

豊胸・バストアップ・ナビ...ヒアルロン酸、サプリ、体験談など
豊胸・バストアップ・ナビは、ヒアルロン酸や脂肪注入法の手術、マッサージ、サプリメント、体験談などの情報を提供します。

アミノ酸...今、なぜ?必須アミノ酸やシャンプー、スコアなど
アミノ酸のすべて...必須アミノ酸からシャンプー、スコア、ダイエット、サプリメントなど、今注目のアミノ酸についての情報を提供します。

アロマオイルの効能~使い方や効果からマッサージや虫除けなど...
アロマオイルにの効能について、その使い方、効果からマッサージや虫除けなどいろいろなお役立ち情報を掲載します。

糖尿病の食事療法:注意点

糖尿病の食事療法で特に気をつけたいことは、外食は栄養が偏ってしまうのでなるべく控えることです。
自宅で栄養のバランスの良い、カロリーを考えた食事をするよう心がけましょう。

また、食事の内容だけではありません。
糖尿病の食事療法で気をつけたいことは食事の仕方なのです。
何かをしながら食事をとる、まとめて食べる、これはつい食べ過ぎてしまいます。
摂取すべきカロリーをオーバーしてしまいますので、やめるようにしましょう。

特にインスリン注射をしている患者さん、糖尿の薬を飲んでいる患者さんの場合は、食事の時間を規則正しくして、摂取する量をきちんと守りましょう。
それでなくてはせっかくの薬の効果が期待できなくなってしまいます。

もし、ご事情で外食をしなければならない方は、なるべく1日に1回の外食を限度にするようにして下さい。
糖尿病は特に口にしてはいけない食材があるわけではありません。
栄養のバランスよく食べ、一日のカロリー摂取量をオーバーしないように気をつければ良いと思います。
糖尿病の食事は特別なものではありません。
紹介されている糖尿病の食事レシピも、バランスよく栄養を取り入れ、血糖値が急に上がることを抑えるように考えられています。

ですから、糖尿病の食事は、健康な方でも様々な病気の予防策として実践することはとてもよいことだと思います。
もし、遺伝で糖尿病になる可能性が高い方だったとしても、こうした毎日の食事療法で糖尿病から遠ざかることも出来ると思います。
糖尿病食は、味気がない、なんとなく物足りないというイメージが先行しているようですが、実際はそんなことはないのです。
健康な方も糖尿病食をお試しになってはいかがでしょうか。

このアーカイブについて

このページには、2009年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。