ようこそ! 「ゴルフコースの豆知識」へ
ポータルトップ >  ゴルフコースの予約  > パブリックコースと会員限定のメンバーコース


パブリックコースと会員限定のメンバーコース

スポンサードリンク

アドセンス

ゴルフコースを回る場合、当然そのゴルフ場を利用するわけですが、例えばそのゴルフ場をホームページで検索した場合、「会員権」という言葉が目に付くかと思います。
この会員権とは一体何なのでしょう。
会員権とは、そのゴルフコースの会員になった人の持つ権利です。
つまり、会員制度の事ですね。
沢山のサービス業で取られている制度なので、難しい事はないかと思います。

この会員制、ゴルフコースにおいてはかなり重要で、中には会員登録されていないとお断りというゴルフ場もあります。
とはいえ、初心者の方はいきなり会員になる必要はありません。
会員になるには入会費が必要です。
ただ、それを払って得られる恩恵というのは、ある程度そのゴルフ場を長期的に利用する事が明確になってからです。
その為、まず自分がゴルフというスポーツに向いているかどうか、そのコースがあっているかどうかを見極めてから、会員制度を利用するのが望ましいでしょう。

多くのゴルフ場には、パブリックコースとメンバーコースがあります。
会員でなくても利用できるのがパブリックコースで、会員限定のコースがメンバーコースです。
会員でない場合はパブリックコースを利用する事になります。
このコースが格段にメンバーコースより劣るということはないので、問題なく利用できるかと思います。
ただ、メンバーコースの場合は、ある程度優遇されますし、休日でも込み合う事がないので、より快適にプレーする事ができるでしょう。
尚、ほとんどのゴルフ場においては、会員の紹介があれば会員権を持たなくてもメンバーコースを回る事ができます。

スポンサードリンク

アドセンス