ようこそ! 「ゴルフコースの豆知識」へ
ポータルトップ >  ゴルフコースの基礎知識  > ゴルフコースを回る:カートについて


ゴルフコースを回る:カートについて

スポンサードリンク

アドセンス

道具を用意し終わり、メンバーがクラブハウス前に全員集合したら、カートに乗ってゴルフコースの一番ホールに向かいます。
カートの運転は通常キャディーさんが行いますが、もしセルフプレーを選択している場合は、自分達で運転する必要があります。

カートは公共の乗り物と違い、ゴルフコース場を運転する為、そこまで危険があるわけではありませんが、慣れていない初心者が運転して万が一の事があってはいけません。
必ず経験者の方に運転してもらいましょう。
当然、そのときは「お願いします」「ありがとうございました」のお礼の言葉は忘れないようにしてください。

カートの運転自体はとても簡単です。
中には自動操縦のリモコンカートというものもあり、この場合はスタートとストップのみの制御でよく、ハンドル操作は必要ありません。
もし興味があれば、集合前に少しの間だけでも見学しておくと良いでしょう。
操作方法などは係員、キャディーさんに聞いておけば教えてくれます。
将来のことを考えておくならば、積極的に運転方法を習い、実際に少し乗せてもらいましょう。

カートに乗り込んだら、あとはゴルフコースの一番ホールのティーのあるところまで行くだけです。
景色を楽しみつつ、プレイのイメージを描いたり、同行プレイヤーの方々との会話を楽しんだりして、時間を有意義に使ってください。
ゴルフは実際にプレーしていない時間も重要です。
例えば移動時に身体を冷やしたりすると、プレーの時に支障が出ます。
カート移動時でも、できるだけ厚着をしておいてください。
冬場はマフラーや耳あても有効です。

スポンサードリンク

アドセンス