ようこそ! 「ゴルフコースの豆知識」へ
ポータルトップ >  ゴルフコースの基礎知識  > ゴルフコースを回る流れについて


ゴルフコースを回る流れについて

スポンサードリンク

アドセンス

ゴルフコースを回る流れとしては、一番ホールから順番にアウト9、イン9の順番で回っていきます。
トータル18ホールですが、一度に全てのホールを回ることはまずありません。
基本的にはアウトのホールから回っていきますが、アウト9ホールが終わった時点で食事休憩というのが一般的です。
ゴルフコースからクラブハウスに戻り、中のレストランで食事という流れですね。
いわば昼休みです。

同伴プレイヤーの方々と食事を楽しみ、夏場であれば汗を流す為にシャワー室や浴場に入るのも良いでしょう。
この時間を利用して軽食や飲み物を買う人も多いようです。

基本的に、食事に関しては後払いです。
ロッカーキーを掲示し、サインをすることで、最後の支払いに回されます。
食事休憩は大体1時間くらいです。
混み合っている場合は、少し早めに入って出ると良いでしょう。

休憩が終わったら、残りのイン9のゴルフコースをプレーします。
あまり食べ過ぎて支障をきたさないようにしましょう。

全てのゴルフコースを回り終えたら、スコアカードを確認します。
自分のプレーを自分で採点するというのが、ゴルフの大きな特徴の一つです。
自己申告制とはいえ、万が一間違えや不正があってはならないのです。
そのため、プレー終了後には同伴者同士でチェックを行います。

チェック終了後、カートで戻り、自分の用具のチェックを済ませ、確認のサインをします。
必ずクラブのチェックは念入りにしておいてください。
他の人のクラブが紛れこんでいる可能性があります。

その後、汗を流し、ロッカールームで着替え、フロントで清算を行います。
お土産を買うのはこの後です。

スポンサードリンク

アドセンス