ようこそ! 「ゴルフコースの豆知識」へ
ポータルトップ >  ゴルフコースのマナー  > ゴルフは紳士のスポーツでありマナーが一番


ゴルフは紳士のスポーツでありマナーが一番

スポンサードリンク

アドセンス

ゴルフをプレーする上で、最も重要な事は何でしょう。
一打でも少なくゴルフコースを回る事?
同伴者に負けないようにする事?
いいえ、違います。
一番大事なのは、マナーです。

ゴルフは紳士のスポーツ。
マナーを守れないプレイヤーに対しては、係員、キャディー共に厳しく接する事になるでしょう。
お客様であってもそれは例外ではありません。
なぜなら、ゴルフはマナーがあってこそ成り立つスポーツだからです。

ゴルフは自身のスコアを自分で管理します。
自己申告制という方式を取っているのです。
自己申告制という事は、簡単に言えば不正しようと思えばいくらでもできます。
また、同様にプレー中にごまかす事も難しくないでしょう。
誰も見ていない所でボールをこっそり動かすだけで、プレーはだいぶ変わります。
ゴルフというスポーツは、打ったボールがゴルフコースのどこに着地するかというのが非常に重要です。
例えば深い芝の所に落ちてしまった場合、とても打ちにくくなります。
そこから少し出してやるだけで、ショットの難易度は大幅に下がるのです。

そのような事も含め、ゴルフは自己責任、自己申告制のスポーツなのです。
マナーを守れない人は、こういった事に対しての責任も当然持ち合わせないでしょう。
つまり、構造上、ゴルフはマナーを守れない人はプレーできない事になっているのです。
紳士のスポーツという言葉は様々なスポーツに対して使われますが、ゴルフこそが紳士のスポーツであるという事は間違いないでしょう。
マナーを守れない人は、ゴルフコースに立つ資格はありません。

スポンサードリンク

アドセンス