ようこそ! 「ゴルフコースの豆知識」へ
ポータルトップ >  ゴルフコースのマナー  > ゴルフコースでの最低限のマナー


ゴルフコースでの最低限のマナー

スポンサードリンク

アドセンス

では、ここからはゴルフコースを回る上で、絶対にしてはならない事についていくつか紹介していきます。

ゴルフには、数多くのマナーが存在します。
それを守れないようならば、ゴルフコースでプレーする資格はありません。
ゴルフというスポーツが成り立っているのは、各プレイヤーに対してしっかりとしたマナーの遵守を約束させているからです。

まず、一番やってはいけないことですが、それは前の組がいる状態でボールを打たないことです。
何故これが一番やってはいけないことかというと、当然ですが危ないからです。
ゴルフボールは硬く小さいですね。
これが何百メートルも飛ぶわけです。
当然、その殺傷力は相当高く、人の頭に直撃した場合は最悪死亡事故にもつながります。
実際に頭に当たる確率は、恐らく天文学的数字でしょう。
ですが、そういった例は実際にかなりあります。
絶対に前の組が同じゴルフコース上にいない事を確認した上で打つようにしましょう。

次に、これも必ず守らなくてはならないマナーです。
他の方がショットをする際、静かにする事。
これも非常に重要です。
ゴルフは繊細なスポーツで、打つ瞬間にほんの小さな音がなっても、それで大きなミスをしてしまう事があります。
つまりは妨害行為ですね。

当然、打つ人の視界に入る場所に立つのも論外です。
同伴プレイヤーの集中力を乱すことはやってはいけません。
携帯電話は、マナーモードにするのではなく、電源を切っておきましょう。

スポンサードリンク

アドセンス